京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

京の生きもの・文化協働再生プロジェクト認定制度

2019.12.20

日本新薬株式会社 山科植物資料館
第23号認定「日本新薬株式会社 山科植物資料館」

 日本新薬株式会社 山科植物資料館では,薬用・有用を主体とする国内外の3,000種を超える植物の系統保全や展示を行っており,年間110件(約1,700名)ほどの見学研修会も実施しています。

 生物多様性保全の観点からの栽培研究に注力しており,地元京都の希少植物の保護活動に参画しています。館内のビオトープ区域を中心に,京都産のオケラ,フジバカマ,キキョウなど京都で絶滅のおそれのある植物を育成・保全するとともに,それら植物の展示により,来館者に植物多様性保全について啓発活動を行っています。

 2017年には公益社団法人日本植物園協会から,学名普及の功績により,アボック・カルタ賞を受賞しました。

オケラ
フジバカマ
セミナールーム周辺
ビオトープ区域

 

ページの先頭へ戻る