京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

生物多様性リレーコラム

2016.4.14

齊藤 準(京都工芸繊維大学准教授/京都北山やままゆ塾々長)
京都三山に棲むヤママユ

はじめに

 高度経済成長期以降の日本では,人々のライフスタイルと意識に大きな変革がもたらされた。特に農業分野では構造的改革が進み,農薬や化学肥料,農業機械などの普及により生産性が向上した。その一方で農業人口は減少し,農村を取り巻く環境も大きく変化した。かつて人里近くには「里山」と呼ばれ,山を中心とした地域に隣接する雑木林,竹林,田畑,ため池,用水路を含めた人の生活と関わりの深い自然環境があった。里山は最も身近な自然であり,日本の原風景として懐かしく想われる人も少なくないと思う。この環境は,人為的な管理が加えられることで維持されてきた二次的自然でありながら,豊かな自然環境が生み出されることで動植物の種の多様性をもたらしている。絶滅危惧種が集中して生息する地域は,動物種では約49%,植物種では約55%が里山の地域内に分布することが明らかになっている。また,身近な種の生息域についても50〜60%が里山に存在する。このように多くの野生生物にとって里山は重要な生息域となっている。

 京都には,伝統と文化を継承しながらも,先端的な技術を生み出す環境がある。人々は日々の暮らしの中で季節の変化を感じ,自然の恩恵を享受してきた。京都の市街地の三方を取り囲む山々(三山:東山,北山,西山)は,その森林から燃料を得ることで,人々の生活と密接な関わりをもってきた里山である。京都三山における里山林は,森林景観として大切であるばかりか,多様な生き物を育む重要な地域となっている。最近,この三山の森林の様相が大きく変化し問題となっている。薪炭林としての役割がほとんどなくなり,人手が加わることがなくなったため,遷移が進み常緑のシイ林が拡大している。また,1970年代からは松くい虫の被害によるアカマツ林の衰退が起こり,2000年代の半ば以降は,カシノナガキクイムシによるナラ枯れ被害が拡大している。さらに,近年はニホンジカ(シカ)による被害として,枝葉,実生,稚樹や萌芽などの採食に加えて,樹皮の剥ぎ取りにより樹木を枯死させるなど問題はより深刻化している。

 京都三山の森林の約4割が落葉樹のアベマキ,クヌギ,コナラなどのブナ科コナラ属の植物で構成されている。これらブナ科植物は通称ドングリの木として多くの昆虫種の餌となっており,里山の生物多様性に大きく貢献している。大型鱗翅目昆虫のヤママユは,主にコナラ属植物の葉を食べて成長する。ヤママユは日本全国に生息するものの環境の変化に伴ってその姿を見る機会は少なくなっている。京都三山に生息するヤママユを文化資源として捉え,種の保護とその生息環境の保全について考えてみたい。

 

ヤママユと呼ばれる虫

 ヤママユAntheraea yamamai Guérin-Ménevilleは,山野に生息して繭を作る絹糸昆虫の「野蚕」(ヤサン)の仲間で,人為的に家畜化された家蚕(カイコ)とは違う虫である。ヤママユは,鱗翅(チョウ)目,カイコガ上科,ヤママユガ科に分類され,別称として天蚕(テンサン),山蚕(ヤマコ),山繭とも呼ばれている。ヤママユは日本原産で,北海道から九州,沖縄に至るまで全国に分布し,年に一度発生する一化性である。自然条件下で4月下旬〜5月上旬頃に卵から孵化し,幼虫はアベマキ,クヌギ,コナラ,カシワなどのブナ科植物の葉を食べて50〜60日間で4回の脱皮を行い5齢幼虫となる。葉と葉の間に繭を作り,営繭から7〜8日後に繭の中で蛹となる。7月下旬〜8月中旬に羽化して成虫となる。交尾後,雌蛾は食樹の小枝に産卵し卵で越冬する。繭1粒の糸の長さは600〜700m程度で,1,000粒から250〜300g程度の生糸がとれる。天蚕糸には,光沢が良く,太く,伸度が大きく,織物にしても丈夫で,しわにならず,暖かく,手触りが良いなどの優れた特徴がある。天蚕糸は,その特徴と希少性から「繊維のダイヤモンド」と称されている。また,天蚕糸を家蚕糸に混織すると,織物としての衣料性能が向上することから,ネクタイ,財布のような小物類から家具やインテリア等の素材としても利用されている。特に長野県安曇野市穂高町の有明地方では,天明(1781〜1789)の昔から天蚕の飼育が続けられている。

 ヤママユガ科の虫たちは,世界中に79属,約1,400種いるといわれ,そのうち日本に生息するものは8属11種である。京都市の北山周辺ではヤママユの他にシンジュサンSamia cynthiaやオオミズアオActias alienaの生息が確認されている。すでに京都市産ヤママユ類の系統化にも成功している。これら京都市産ヤママユ類を生息域内で保護するとともに生息場所である森林環境の保全も進めて行きたい。京都三山に生息するヤママユ類をはじめとした多様な昆虫種は,京都にとって貴重な資源であり,多彩な機能性を有する生物素材としてその利用が期待される。

 

ヤママユの5齢幼虫
幼虫は鮮やかな黄緑色で葉の色と形にそっくり。
枝にぶら下がるようにしている。

 

説明: Macintosh HD:Users:saitohitoshi:Desktop:生物多様性リレーコラムsaito:京都三山に棲むヤママユ:ヤママユ幼虫頭部正面.jpg
ヤママユの5齢幼虫の頭部正面
頭部も緑色で,胸部の脚は餌の葉を食べる時だけに使う。

 

説明: Macintosh HD:Users:saitohitoshi:Desktop:生物多様性リレーコラムsaito:京都三山に棲むヤママユ:ヤママユの繭.jpg
ヤママユの繭
アベマキの葉の間で営繭し,緑色で目立ちません。

 

説明: Macintosh HD:Users:saitohitoshi:Desktop:生物多様性リレーコラムsaito:京都三山に棲むヤママユ:ヤママユの成虫♀.jpg
ヤママユの成虫♀
成虫の翅は黄色,褐色など様々で個体ごとに異なる。
前翅・後翅ともに大きな目玉模様があり,
鳥を驚かす効果があるといわれている。
天蚕糸
ヤママユの繭からとられた糸は「天蚕糸」と呼ばれ,
淡い黄緑色で光沢がある。

 

ヤママユの生息環境とその保全

 北山の比較的市街地に近い松ヶ崎地区には,宝が池公園と五山の送り火の「妙法」が灯る西山(万灯籠山),東山(大黒天山)があり,この山肌は定期的に植物が刈り込まれることで人為的に管理され,里山と同じ二次的自然となっている。さらにその西側には1927年に国の天然記念物として「深泥池水生植物群落」が指定され,現在は「深泥池生物群集」と指定がより広範囲となった深泥池や上賀茂本山の森林が広がっている。これらの地域には市街地に近いながらも豊かな里山の自然と景観が残されており,ヤママユはこの森林に棲んでいる。

 近年,日本全国の森林で廃棄物の不法投棄,鳥獣害の拡大,生態系の衰退など問題が深刻化している。ヤママユの餌であるブナ科植物が枯れるという被害も全国各地で起こっている。この被害はナラ枯れといわれ,その原因はカシノナガキクイムシ Platypus quercivorus (通称:カシナガ)が樹木に穿入して,共生する病原菌を蔓延させることで樹木を枯死させるものである。さらにシカによる生態系への被害も重大な問題で,特に森林の下層植生の衰退を引き起こすことで土壌の崩壊や河川の汚濁へとつながっている。北山周辺でも2010年ごろから,シカの繁殖が顕在化し,急速に個体数を増している。京都三山の森林の主要構成樹種であるブナ科植物は,チョウ・ガ類の幼虫にとっては大切な餌資源である。ナラ枯れ被害によるブナ科植物の減少は,チョウ・ガ類の群集構造を変化させる可能性がある。ナラ枯れによって生じた林冠ギャップが下層植生を発達させるが,この植生をシカが食害することで下層植生が失われている。また,鱗翅目昆虫は,鳥類や小型哺乳動物の餌資源でもあることから,森林の食物網への負の影響も懸念されている。ヤママユもブナ科植物の恩恵を受けているだけに,ブナ科植物を中心とした広葉樹林の保全は重要な課題である。広葉樹二次林における生物多様性の保全に向けて,ナラ枯れ被害とシカの食害に対する抜本的な解決策が望まれる。

 

五山の送り火で知られる松ヶ崎の「妙法」
ブナ科植物のアベマキ,クヌギ,コナラが多数自生している。

京都北山やままゆ塾の活動

 現在,里山の虫たちの象徴的存在のヤママユの保護とその生息環境の保全に取り組んでいる。2011年4月には,北山の自然の中で,ヤママユの飼育を通じて生き物とふれあい,身近な環境を大切にする心を育てることを目的として,「京都北山やままゆ塾」を開塾した。活動内容は,(1)北山の自然に親しみ,環境をみつめる。(2)ヤママユなどの虫たちを育てることで生命の大切さを知る。(3)環境を守る気持ちと地域コミュニケーションを育み,豊かな未来につなげる環境教育研究を展開することである。ヤママユの飼育を通じて身近な自然環境の大切さを学ぶ活動を広げるために積極的に取り組んでいる。小学校を対象に出前授業「京都の虫たちの世界をのぞいてみよう!」を行っている。その他,「京都産昆虫種の系統化による保護活動と活用を目的とした環境教育研究の基盤構築」をテーマに,公開講座,学習会,観察会などを開催している。子どもたちには,地域の生き物たちを大切にすることと,生き物の不思議さや自然の楽しさを感じてもらい,身近な環境問題へも関心をもってもらいたい。

 

 人類の活動は,地球規模の温暖化や様々な異常気象などの環境変化を生み出す一因となった。人々が快適な生活を追求するあまり経済活動を優先した結果,人と自然との間にも距離が生まれた。環境問題を考えるには,身近な自然に関心をもつことが必要で,自然の中で暮らす生き物たちに目を向けて,生き物の目線で環境をみつめることからはじめるべきである。京都三山の里山に棲むヤママユをはじめとした多くの生き物たちは,日本の大切な遺伝資源として守るべき存在であり,文化資源としても極めて重要である。これからも京都三山の美しい森林と豊かな自然環境を守るとともに,そこで暮らす生き物の多様性を失うことのないように心がけていきたい。

 

(筆者プロフィール)

齊藤 準(さいとう ひとし)

1959年埼玉県生まれ。東京農工大学,農業生物資源研究所などを経て,現在は京都工芸繊維大学応用生物学系准教授。専門は昆虫生理学。昆虫の色彩に関わる生存戦略について研究するとともに,最近は昆虫の生息環境の保全にも関心をもって活動している。

ページの先頭へ戻る