京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

生きものイベント検索

▼フリーワードから探す

▼詳細条件から探す

分類を選択してください。

※複数選択可

興味のあるフィールドを選択してください。

※複数選択可

対象となる世代を選択してください。

※複数選択可

開催場所を選択してください。

※複数選択可

最新の生きものイベント

平成28年度 (第14回) 京都環境賞受賞者の活動紹介パネル展示【京都市】

  • 期間:2017年6月26日(月)~ 7月3日(月)
  • 時間:10時30分~20時
  • 場所:中京区 御池通寺町東入下本能寺前町492-1 ゼスト御池地下街 寺町広場

 
 京都市では,環境の保全に貢献する活動を実践している個人又は団体を顕彰する「京都環境賞」を平成15年度に創設し,毎年,優れた取組を表彰しています。
 平成29年度 京都環境賞の募集期間(6月1日~8月31日)に合わせて,平成28年度(第14回)受賞者の活動を紹介するパネルの展示を以下の日程で行います。現在は,ゼスト御池地下街 寺町広場にて展示していますので,ぜひ御来場下さい。


【展示日程・場所 (予定)】
■6月 1日(木) -6月15日(木) 市役所1階 正面ロビー
■6月26日(月) -7月 3日(月) ゼスト御池地下街 寺町広場
■7月 7日(金) -8月29日(火) 京エコロジーセンター2階


【生物多様性に関する活動の受賞者の紹介】
■フィールドソサイエティー 様 <京都環境賞 受賞>
「寺と市民が協働する環境学習活動」
 環境学習施設「法然院森のセンター」を運営され,法然院の寺林やそれに続く里山等において,自然観察会や,子どもを対象とした体験型学習会を開催するなど,市民と寺の協働で環境学習を通じた環境共生型の地域づくりを目指す活動に30年以上にわたって取り組まれています。

■京都大原学院 様 <特別賞(環境教育賞) 受賞>
「オオムラサキの保護活動を通して大原の自然を考える」
  大原に生息する国蝶オオムラサキの観察,飼育及び放蝶などの保護活動に,児童等が地域住民や専門家と連携して取り組むとともに,活動を通じて,大原の里の自然環境について学習されています。

■水辺に学ぶネットワーク 様 <特別賞(環境未来賞) 受賞>
「巨椋池流域模型ビオトーププロジェクト」
 京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリー構内に,干拓前の巨椋池周辺の地形を約50m四方のビオトープで再現し,環境・防災学習への活用や,生態系の復元等に取り組まれています。


【参考】
■ 平成29年度(第15回) 京都環境賞の募集について
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000218979.html

■ 京都環境賞のこれまでの受賞者紹介
http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000175220.html

詳細情報

『京町家「新柳居」連続セミナー』第2期 和の花と生き物文化の再生「第4回:お香と植物」 【京都学園大学,共催:公益財団法人京都市都市緑化協会】

  • 期間:2017年6月30日(金)
  • 時間:18時30分~20時
  • 場所:中京区 新町通錦小路上ル百足屋町384 京都学園大学・京町家「新柳居」

【『京町家「新柳居」連続セミナー』和の花と生き物文化の再生 第2期】
 京の文化を支えてきた植物の危機への取組みをテーマとした,前年度のセミナーに引き続き,華やかな『和の花』文化再生の担い手,専門家と市民,行政の交流を図り,実践的な知見の普及啓発と実効性のある活動の展開を探ります。
 ご関心の回だけでも構いませんので,どうぞお越しください。
(定員:各回24名・先着順)

【第4回:「お香と植物」】2017年6月30日(金)
 古代から認識されていた植物の香りによる癒し機能。京都のお香の老舗であり,希少植物の保全にも取り組む松栄堂の畑社長が,お香の歴史,お香づくりへの思い,今後の展望を語ります。
〇講師:畑 正高氏(香老舗 松栄堂社長)
〇コメンテータ: 山本 淳子氏(京都学園大学人間文化学科教授)
〇コーディネーター:森本 幸裕(京都学園大学バイオ環境学部教授)

<申込みフォーム>
https://www.kyotogakuen.ac.jp/form/2017-bioContinuousSeminars
お電話でのお申込みの場合は,「①お名前 ②電話番号 ③参加日 ④応募のきっかけとなった広報媒体(HP・チラシ・ポスター)」をお伝えください。

<企画の問合せ>
京都学園大学 京町家「新柳居」: 075-204-9160 
          ※月~土 8:30~16:30(日祝休)
森本:morimoto@kyotogakuen.ac.jp
佐藤:shg@kyoto-ga.jp

詳細情報

大原自然観察会【日本野鳥の会 京都支部】

  • 期間:2017年7月1日(土)
  • 時間:10時~13時頃
  • 場所:左京区 大原

日本の国蝶・オオムラサキ(写真)と里山の鳥たちの観察会。蝶の保護施設を見学後,里山を散策します。

詳細情報

山科川早朝探鳥会【京都野鳥の会】

  • 期間:2017年7月2日(日)
  • 時間:7時40分~12時頃
  • 場所:山科区 山科川(六地蔵駅~醍醐駅)

暑くなると思いますので日よけ対策,お茶など忘れないようにしてください。さて鳥は?
(写真は昨年の様子)
 
■行程
六地蔵駅から山科川を北上,醍醐駅前広場まで。
(約3km) 

■問合せ
岸川(090-3700-7894)まで

詳細情報

育ててみよう!「ヤママユ」【京都工芸繊維大学・京都北山やままゆ塾】

  • 期間:2017年5月13日(土)~ 7月2日(日)
  • 時間:午後1時~午後3時30分
  • 場所:左京区 松ヶ崎橋上町 京都工芸繊維大学

 ヤママユの幼虫を飼育して,虫の世界を観察してみませんか。

●日時:2回の観察会にご参加いただきます。
①平成29年5月13日(土)13:00~15:30
②平成29年7月2日(日)13:00~15:30
①一回目はヤママユ幼虫の飼育のしかたを説明した後に,幼虫をくばります。
家にもちかえって幼虫を繭になるまで飼育してもらいます。
②二回目は飼育・観察したことを発表していただきます。出来た繭をもってき
てもらい,繭の大きさ・重さをはかってチャンピオンを決めたいと思います。
●場所:京都工芸繊維大学15号館1階(N105)
●対象:京都市左京区内の小学生(3~6年生)
    保護者のご参加をよろしくお願いいたします。
●定員:12名(先着) ●参加費無料

【申込方法】必要事項(1~5)を明記のうえ,E-mailかFAXでお願いいたします。件名は「ヤママユ参加申込」としてください。
(1)氏名(ふりがな),(2)所属,(3)郵便番号・住所,(4)メールアドレス,(5)電話・FAX 番号
※申込締切:平成29年5月5日(金) なお,定員になり次第,参加のお申込みは終了させていただきます。

【申込先】
E-mail: kyoto-yamamayujuku@kit.ac.jp
FAX: 075-724-7813
【問合せ先】
京都工芸繊維大学(齊藤まで)
TEL: 075-724-7813
【主催】
京都工芸繊維大学・京都北山やままゆ塾
【共催】
(公財)京都市都市緑化協会

詳細情報

ページの先頭へ戻る