京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

新着情報

2016.11.1

平成28年度 第5回親子生きもの探偵団を開催しました! (平成28年10月15日)

 平成28年度第5回の会場は右京区京北にある「合併記念の森」です。「合併記念の森」は,平成17年4月に京都市と京北町が合併し,京都市の市有林となりました。面積は約268ヘクタールの広さがあり,京都御苑の約4倍の広さに匹敵します。この「合併記念の森」では,生物多様性の保全に配慮した,生きものがあふれる森づくりが進められています。

 当日は雲一つない快晴に恵まれ,絶好の自然観察会日和となりました。32名の親子が参加し,京都森林インストラクター会の方々に講師を務めていただきました。

雲一つない快晴
京都森林インストラクター会の方々

 参加者は5つのグループに分かれて,出会う生きものの名前や特徴を教えていただきながら,森の中を歩きました。この日は,トンボやチョウやバッタなどの昆虫だけでなく,ヘビやカエルも登場し,私たちを出迎えてくれました。また,動物の足跡や,シカのフンや骨なども見つけることができました。みんなで実際に植物に触ったり,昆虫を捕まえたりしながら,豊かな自然を満喫することができました。

熱心に説明を聞く参加者
実際に触ってみよう
動物の足跡を発見
上り坂も頑張りました。
アキアカネ♂
参加者の帽子に乗っているクルマバッタ

 昼食休憩の後は,工作体験の時間です。今回作ったのはロケットラワンという玩具です。これは,ラワンという樹木の種の模型で,屋外で輪ゴムやパチンコなどを使いロケットのように高く打ち上げると,クルクルまわりながら落ちてきます。思い思いに作成したロケットラワンを実際に空高く飛ばすことができると,みんな大きな歓声を上げていました。

作成中・・・
飛んだ!!

 今回の親子生きもの探偵団は,市内の中心部から少し離れた京北で開催しました。参加者の方には,市内にもこんな自然豊かな場所があることを知っていただくとともに,この自然環境を守っていくことの大切さを感じていただけたのではないでしょうか。

 今年度の親子生きもの探偵団も残すところあと1回となりました。どんな生きものと出会えるのか,今から楽しみです。

ページの先頭へ戻る