京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

新着情報

2017.6.27

「平成29年度 第1回親子生きもの探偵団~宝が池公園~」を開催しました!(平成29年6月17日)

 今年も「親子生きもの探偵団」の季節がやってきました!

 「親子生きもの探偵団」は,京都市内に在住又は通学している小学生とその保護者を対象とした自然観察会です。

 平成26年度から開始し4年目を迎える今年度,第1回の会場は「宝が池公園」です。

 京都生きもの100選にも選ばれている「宝が池公園」は,京都三山の一角をなす小高い山に囲まれ,五山の送り火の一つ「妙法」が南面にあり,森と水が織りなす四季折々の美しい景観を楽しめる場として多くの方に親しまれています。

 当日は42名の方が参加されました。まず,普段は立ち入ることのできない「妙」の山に特別に入り,生きものの観察をしました。講師の齊藤準先生(京都工芸繊維大学准教授)から,シカに食べられることで植物が減り,それに伴って昆虫も減ってしまっていることなどについて教えていただきました。

「妙」の山を登ります!
京都タワーや大文字山が見えました!

  

 次に,梅林園に移動し,虫捕り網を使って昆虫採集を行いました。

これから昆虫を捕まえます!
飛んでいる昆虫を捕まえるのは難しい!
水辺にはトンボがたくさんいました
先生,この虫なんですか?

 

 フィールドワークの後は,自分で捕まえた昆虫をスケッチします。外で元気に走り回っていた子どもたちも,今度はじーっと昆虫を観察しています。

捕まえた昆虫を観察し,スケッチします
名前の分からない昆虫について,先生に質問します
しっかり観察し,上手に描けています!
世界に一つだけの缶バッチができました!

 

 宝が池公園で見つけた昆虫たち


ウラナミアカシジミ
オオシオカラトンボ♂
オオセンチコガネ

 捕まえた昆虫たちは,齊藤先生の手で元いた場所へと戻されました。

 

 今回の「親子生きもの探偵団」では,宝が池公園でたくさんの昆虫を見つけ,また捕まえた昆虫をじっくり観察することで,身近な生きものや自然環境について知っていただくことができたかと思います。

 この体験が,生物多様性の保全の重要性について考えるきっかけになれば幸いです!

 

 たくさんの御応募・御参加,ありがとうございました!

ページの先頭へ戻る