京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

新着情報

2017.9.26

平成29年度第4回親子生きもの探偵団~大原野森林公園~を開催しました! (平成29年8月17日)

 今年度の夏休み期間中の親子生きもの探偵団を締めくくる第4回の会場は,大原野森林公園です。

 京都市の最西端・西山に位置する大原野森林公園は,「自然そのものが公園施設」「自然とともに市民とともに」を基本テーマとした,生物多様性豊かな公園であり,平成27年12月には環境省が選定する「生物多様性保全上重要な里地里山」(500箇所)の一つに選ばれています。

 また,大原野森林公園では豊かな自然環境を守るための里山保全活動が行われており,この活動は「京都生きもの100選」に選定されています。

 

 当日は,41名の親子が参加しました。阪急洛西口駅に集合した後,マイクロバスに乗って目的地を目指します。

 大原野森林公園に到着すると,まずは森の案内所で今回の講師を務めていただく「森の案内人」の皆様からの御挨拶があり,続いて園内で見られる生きものの動画を鑑賞しました。楽しい解説を聞きながら,たくさんの生きものの写真を見ていると,これから始まる観察会への期待が高まります。

森の案内人の皆様
生きものの動画鑑賞

 いよいよフィールドに出て観察会の開始です。

 まず最初は,草地での虫取りや植物観察です。みんな思い思いに虫を捕まえて,講師の先生に名前や特徴を教えていただいたり,葉や実に触れながら植物の解説をしていただきました。

 動き回る虫を捕まえるにはコツが必要です。見事網の中に捕らえることができたときは,喜びの声が上がりました。

何が捕まったかな?
名前を教えてください!
ツマグロバッタ(上:オス,下:メス)
ミヤマカワトンボ(オス)
広い園内を移動中・・・

 続いてはカブトムシ探しです。斜面で足場が悪くてもなんのその,みんな木の根元を探してたくさんのカブトムシを見つけていました。

斜面でもへっちゃら!
カブトムシ

 そして,待ちに待った川遊びの時間です。川に入った参加者たちは,サワガニ探しに夢中です。また,森の案内人の方の手作りの,釣り竿,釣り糸,釣り針のセットを使って,釣りを体験することもできました。

サワガニを見つけよう!
釣りの様子

 時間がたつのは早いもので,あっという間に観察会は終了となりました。最後に,森の案内所にて,川で仕掛けをして捕まえた生きものについて,講師の先生に紹介していただきました。

水の中の生きものについての解説

 今回の親子生きもの探偵団では,たくさんの昆虫,植物,魚,サワガニなどを観察することができ,大原野森林公園に生息する多種多様な生きものについて知ることができました。京都市内でありながら,豊かな自然にあふれた大原野森林公園は,生物多様性を実感するのにとてもよい場所でした。

 この観察会を通して,自然の楽しさを体いっぱいで感じることで,その大切さについて考えるきっかけとなれば幸いです。

 

ページの先頭へ戻る