京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

新着情報

2018.10.10

「京都市生物多様性セミナー」の開催について 

 この度,市民や事業者等の皆様に,生物多様性についての理解を深めていただき,保全活動の輪を更に広げていくため,「京都市生物多様性セミナー」を開催しますので,お知らせします。是非御参加ください。

 今年度は,「京都の地形と生物多様性」をテーマとして,京都環境賞受賞者の活動発表,京都高低差崖会崖長の梅林秀行氏の講演や識者によるパネルディスカッションを行います。  

 詳しくはこちら→http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000243484.html

 

概要

1 日時

  平成30年11月23日(金・祝) 午後2時~午後4時30分(午後1時30分~受付)

2 場所

  キャンパスプラザ京都 4階 第2講義室(京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)

3 内容

(1)平成29年度京都環境賞受賞者の活動発表

 京都環境賞は,京都市内で環境保全に貢献する優れた活動を実践されている方を京都市が毎年表彰しているものです。昨年度の京都環境賞を受賞された方から,その優れた活動内容を発表していただきます。

 ○里山資源(京都環境賞)

 ○チマキザサ再生研究会(特別賞(環境未来賞))

(2)講演「歴史的な観点から見た“名所”の環境変化」 

 梅林 秀行 氏(京都高低差崖会崖長)

 社寺などの名所を題材に,京都を歴史的観点から見つめ,地形・植生などの変化から京都の生物多様性を読み解いていただきます。

(3)パネルディスカッション「京都の生物多様性と地形の関わりについて」

 京都ならではの生物多様性と,それを形づくる地形との関わりについて議論していただきます。

 コーディネーター 森本 幸裕 氏(公益財団法人京都市都市緑化協会理事長,京都大学名誉教授)

 パネラー     梅林 秀行 氏(京都高低差崖会崖長)

          小川 勝章 氏(植治次期十二代)

          深町 加津枝 氏(京都大学大学院地球環境学堂准教授)

4 参加費

  無料

ページの先頭へ戻る