京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

新着情報

2018.10.17

「平成30年度第5回親子生きもの探偵団~梅小路公園 いのちの森~」を開催しました!(平成30年10月13日)

 平成30年度第5回親子生きもの探偵団を,梅小路公園 いのちの森で開催しました。

 当日は,40名の方に参加していただきました。

 講師は,京都ビオトープ研究会「いのちの森モニタリンググループ」です。 

 まずは梅小路公園の管理運営者である公益財団法人京都市都市緑化協会から,いのちの森について紹介していただきました。

 

 続いて,いのちの森で生きもの観察です。

 いのちの森に向かう途中でも生きものの観察をしました。

 朱雀の庭

 

大きなキノコが生えていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカマツの木
皮をめくって樹皮が赤いのを確認しました
後半の自然工作体験に使う材料を集めています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 楓林橋

 

紅葉の種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロペラのような形をしているのは,くるくる回りながら落ちることで落下速度を下げて,種をより遠くへ運ぶためです。

エゴノキの実

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 果皮にエゴサポニンを多く含み,石鹸の代わりになります。

 

 いのちの森

 

ミゾソバの花
ヘビイチゴ
アキグミ

 

 いのちの森での生きもの観察のあとは,緑の館で自然工作体験をしました。

 集めた枝やどんぐりを使って,写真立て作りに挑戦です。

 

まずは作り方の説明です
集まった材料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業開始
素晴らし作品ができました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自然に触れ合い,様々な生きものについて学んだ一日でした。

 

ページの先頭へ戻る