京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

新着情報

2020.9.16

令和2年度「自然と出会えるまち歩き」~嵯峨野で自然の恵みを体験しませんか?~

 

 市民の皆様に,生物多様性への理解を更に深めていただくため,嵯峨野地域(右京区)で,「自然と出会えるまち歩き」を開催しますので,お知らせします。

 是非ご応募ください!

 詳細及び申込方法は→https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000274303.html

 

大覚寺(大覚寺ホームページから転載)
大沢池(大覚寺ホームページから転載)
竹林
田園

概要

1 日時

   令和2年11月1日(日曜日),3日(火曜日・祝日)の2日間 午前9時~正午頃

   ※小雨決行 

2 集合場所

   大覚寺駐車場(京都市右京区嵯峨大沢町4)

3 内容

   嵯峨野の景観再生や酒米作りに取り組まれている講師のお話を聞きながら,田園景観を維持する嵯峨野地域を歩き,嵯峨野の自然が保たれている理由,意義や,そこで形成されている生態系について楽しみながら学んでいただきます。

4 行程(約3km)

  ・大覚寺:正式名称「旧嵯峨御所大本山大覚寺」と称し,「嵯峨御所」とも呼ばれる真言宗「大覚寺派」の本山です。「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)であり,花とのつながりが深い寺です。当日は嵯峨菊展が開催されており,鑑賞していただきます。

  ↓

  ・大沢池:大覚寺の境内の東に位置し,周囲約1kmの日本最古の人工の林泉です。大沢池の周りには,カエデ類やサクラ等が数百本植えられており,水辺には多様な生物が生息しています。

  ↓

  ・竹 林:実際に竹林整備体験(希望者のみ)を通して,竹林の手入れの必要性,人と里山との関わりを学びます。

  ↓

  ・田 園:嵯峨野の田園における環境保全のための取組について学びます。また,酒米「祝(いわい)」から造った日本酒「月賞(げっしょう)」の試飲や土鍋で炊き上げた新米の試食もしていただけます。 

 ※その後,現地にて解散します。

5 講師

  特定非営利活動法人ひとともりデザイン研究所 理事長  増永 滋生 氏

    嵯峨地域農場づくり協議会会長(嵯峨酒づくりの会 代表)  山田 耕司 氏

6 対象及び定員 

   京都市内に在住の方(各回18名)

     ※ただし,未成年の方は日本酒の試飲はしていただけません。

7 参加費

   各回800円(小中高400円)(大覚寺の参拝料として) 

ページの先頭へ戻る