京都市生物多様性総合情報サイト 京・生きものミュージアム

京都市

活動団体詳細

京都府立植物園

  • 代表:園長 戸部 博
  • 本部:左京区下鴨半木町
  • 活動開始
  • 主な活動場所:左京区
  • 主な活動内容:自然観察会, セミナー, いきもの保全・再生
  • 活動フィールド:市街地(公園等)
  • 活動日:いつでも
  • お問い合わせ:☎︎075-701-0141
  • ホームページhttp://www.pref.kyoto.jp/plant/

大正13年(1924年)に開園した日本最古の公立総合植物園です。春は450本の桜が咲き誇り、秋はカエデやフウなど、様々な木々の紅葉が見事です。夏や冬は、植物園ならではの新緑や花木を観賞いただけます。
「憩い」と「学び」を両立する『生きた植物の博物館』です。

関連団体

深泥池水生生物研究会

  • 代表:竹門康弘
  • 本部
  • お問い合わせ:☎︎--

1994-1996年に京都市が行なった学術調査によって,オオクチバスやブルーギルなどの外来魚が池の生態系に重大な影響を与えている可能性が高いことがわかったので,それら外来魚の調査・捕獲を目的として市民...

詳細情報

雲ケ畑・足谷 人と自然の会

  • 代表:西野 護
  • 本部:右京区
  • お問い合わせ:☎︎075-861-2349

雲ケ畑は,市の中心部から鴨川をさかのぼること15キロにある山間集落・林業の里です。活動拠点がある足谷は,さらに上流の桟敷ヶ岳の山ひだに刻まれた谷筋にあります。崖・滝・急流・大岩・ゆるい斜面などが織りな...

詳細情報

京の川の恵みを活かす会

  • 代表:竹門 康弘
  • 本部
  • お問い合わせ:☎︎--

京の川の恵みを活かす会は,鴨川流域の自然の恵みを豊かにし,これを活かしていくことに賛同する関係団体・個人で構成された連携組織(ネットワーク)です。 まずは京都鴨川の天然アユをシンボルとし,天然アユが遡...

詳細情報

ページの先頭へ戻る